自分に合った働き方が出来る職場を選びましょう!

大学病院と専門病院の選ぶわけのポイント

大きな病院への就職や転職を考えている人にとって、大学病院か専門病院かというのはひとつのポイントなるかもしれません。 それぞれを選ぶポイントとなるものはあるのでしょうか。

大学病院は、その地域の基幹病院であり、救急の患者さんを受け入れることが多くなります。 夜勤や残業も多いので、体力がものを言わせる職場とも言えるのです。

病棟もひとつの科で成り立っていることが多いので、担当した科については、非常に深く学べる可能性が高くなります。 よって体力があり、たくさんの経験を積みたい人には向いているかもしれません。

また大学病院や医療センターといった機関病院は、最新の医療設備や機材が整い、治療方法も先進的です。 それらに伴った勉強会や研修システムなども充実しているので、医療に関する最新の知識や技術を学びたいという人にもおすすめの職場です。

看護部での研修も整っていることが多いので、看護師としての知識、技能の習得にはいい環境と言えるでしょう。 一方で、大学病院や医療センターの場合は、診療科が多岐にわたり希望する科にいけないことも多いです。

希望する科に配属されたとしても、数年で異動があることもあるので、ひとつのことを深く学びたいという人には向かないかもしれません。 そういった方には、専門病院がおすすめです。 専門病院であれば、その科について深く学び、経験することができます。

大病院もありますが、中小規模の専門病院が多いため、より深く現場を経験できるでしょう。 大学病院や医療センターが患者の入れ替わりが激しいのに比べると、専門病院では比較的長く入院したり通院する患者さんが多くなります。

一人の患者さんにゆっくりと向き合いたいと考える場合も、専門病院のほうがいいかもしれません。 ただし、専門病院にもさまざまなタイプだあります。 専門病院への転職を考える場合には、標榜している診療科だけで判断するのではなく、どういった特色があるのかまで調べたいですね。