クリニックではどんな仕事をするの?

クリニックで働く保健師の仕事内容と心構え

保健師の職場というと、都道府県にある保健所や各自治体の保健センターが まず思い浮かびます。でもそのほかにクリニックで保健師を募集している ケースもあるのです。

クリニックでの保健師の仕事内容は、健康診断に関するものが多いようです。 健康診断を行う際の補助的な作業や、検診が終わった後の説明などを 保健師が行っています。 正社員として働く場合もありますし、パートの求人もあるようです。

日本では医療費を削減するために、病気になる前に予防しようという動きが 盛んになってきています。これからもこうした動きは加速されていくでしょう。 健康診断の大切さもいろいろなところで訴えられていますし、高齢化社会を ずっと元気に過ごすために自発的に健康診断を受ける人も増えていくと思います。

クリニックで働く保健師は病気予防のために役立つことができますし、 いろいろな人と接する楽しさややり甲斐も感じられます。 さらに給与面でも保健師は優遇されています。

現在は看護師の資格を習得した人で なければ保健師になれませんから、両方の資格を持っている保健師はとても 貴重な存在なのです。 看護師が人材不足で給与が上がっていることは知られていますが、保健師の給与も なかなか高い水準にあります。

そして保健師は看護師と違ってあまり肉体的にハードな仕事がなく、 夜勤もありません。ですから保健師の人はわざわざ厳しい看護師の仕事ではなく、 ゆとりを持って働ける保健師を希望することが多いようです。

でも保健師の仕事が必ずしもラクだということはありません。 健康に不安を持つ人にアドバイスをすることもありますから、なるべく相手に リラックスしてもらえるよう、笑顔で優しく語りかける必要もあるでしょう。

保健師の資格を持っていれば生涯にわたって活躍することができますから、 ライフスタイルに応じてパートタイムのような働き方もできます。 とくに経験のある人は重宝されますし、保健師の求人がなかなか見つからなければ 看護師として働くこともできます。