行政保健師の大きな役割!

行政保健師の仕事内容と役割

保健師の仕事場は各自治体や企業などいろいろあります。その中でも 都道府県や自治体で働く保健師を行政保健師と呼んでいます。 行政保健師は、その地域で暮らす人たちの健康を守ることです。

さらに行政保健師も保健所で働く場合と保健センターで働く場合があります。 保健所は主に都道府県に設置されている施設で、保健センターは市区町村に 設置されています。

保健所も保健センターもどちらもその地域の住民たちに対し、健康を促進し 病気を予防するという役割を果たす点では同じです。 保健所は対象とする区域も広いですし、仕事内容も専門的になります。

障害を持った方や難病にかかっている方への保健活動をしたり、新たな 感染症が流行った時の対策などを行います。 都道府県に住む人たちが快適に健康に関するサービスを受けられるよう、 システムを整えるような仕事もしています。

保健所で働く保健師は、自分達が仕事をすることで保健サービスの枠組みが 整えられ、結果として住民達がより良いサービスを受けられることになりますから、 大きな達成感を感じられると思います。

これに対し保健センターで働く保健師は、より地域に密着したサービスを 行うことになります。 たとえば赤ちゃんが生まれた家庭を訪問し、新生児や母親の健康チェックを 行います。

初めての育児に戸惑う母親も多いので、保健師の訪問をとても心強く 感じる人もいるでしょう。 地域の人たちとじかに接する仕事は、たいへんやり甲斐のある仕事だと いえるでしょう。

また近年は高齢化がどんどん進んでいますが、保健師が高齢者のもとを 訪問することもあります。実際に家庭を訪問すると多くの人と触れ合うことが できますし、いろいろな問題点も分かってくるでしょう。

もし問題点を発見した場合は、どうやったら解決できるのかを住民の心に 寄り添いながら一緒に考えていくことが大切です。

保健師は各家庭に入り込んで問題解決にあたることもあるので、 対人能力の高い人が求められます。 資格を習得するまでは勉強して知識を吸収することが大切ですが、 実際に仕事に就くと机上の理論だけでは仕事をすることができないのです。